2001年12月 ニューヨークでの初バレエ体験の経緯 by mari | 海外でバレエ体験

2001年12月 ニューヨークでの初バレエ体験の経緯 by mari

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の短期バレエ留学(←かっこよく言うと)はある日突然訪れました。
「NYに行ってレッスン受てみない!?」
「一緒に行く予定だった友達がいけなくなってホテルとかキャンセルするのももったいないし」
と、スポーツクラブのジャズクラスで一緒の友達(先輩)が誘ってくれたのです。

スポンサー

えええええええ!?!?!?

あの当時のバレエを始めて数年ほどの私には本当に衝撃的な誘いでした。

素人が行ったって受け入れてもらえないんじゃない・・・??

海外でクラスを受けるってプロを目指している学生が普通だよね・・・
エイゴだって殆ど話せないし・・・バレエだって素人だし・・・
という不安が頭の中にどばっと浮かびました。

「大丈夫!、私はもう3回目、英語は出来ないけどレッスンは同じ、真似でなんとかなる!!」
という、N子さんは芸能人のバックダンサーなどもしていためっちゃ踊れる人でした。笑

でも、直ぐに行ってみたい!!!!!

という好奇心でいっぱいいっぱいで、夜も興奮して寝られないぐらいになりました。

せっかくのチャンスを無駄にしてはいけない
会社を辞めてでもこれは絶対に行くべき!と友達の立てていた計画に乗りました。

N子さんの立てていた計画は2週間。
私は頑張っても1週間が限界。
なので、帰りは別々で予定をたてていきました。

今では、始めに機会を与えてくれた友人のN子さんに非常に感謝しています。

2001年は同時多発テロがあった記憶に残る年で、
両親、特に母親に旅行を物凄ーーーくとめられた事も覚えています。

その時以来母からは
「どんなにとめてもやりたい事は実行する人だからもうとめない」
と言われるようになりました。

この時の訪問で訪れたオープンクラスは、
ブロードウエイダンスセンター(BDC)、STEPS、ダンススペースセンター、ペリダンス、でした。
1日2とか3レッスンぐらいずつで、自信もなく入門とか初級クラスをぐるぐる回っていました。

毎回、それぞれの場所でレッスンを受けている人達と知り合う事も出来ました。

レッスンを受けた生徒さんとカタコトの英語でレオタードについてお喋りをしたり、
先生に名前を憶えてもらいレッスン中いろいろ気にかけてもらったり、
日本のバレエ団でソリストとして活躍されている方とレッスンをご一緒した事もありました。

実際に行ってレッスンを受けてみると、日本のオープンより、気楽に受けやすい感じもあります。

もちろん将来バレリーナを目指す学校ではありませんので、趣味でバレエを習いたい人達がたくさん集まってきているクラスだからこそです。

共通して言える事は皆さんバレエが大大大好きという事です。

2mとかありそうな黒人の巨体の男性とだってジェスチャーで次の振りの確認をしあえてアイコンタクトだってとれてしまいます。
英語も喋れないのにコミュニケーションがとれるんです。

難しいアンシェヌマンが与えられて覚えきれない時とかは、どうぞどうぞとジェスチャーで順番を譲り合ったりもします。笑

バレエを楽しむだけじゃなく、現地の人とボディランゲージコミュニケーションが出来て、バレエをやっていて本当に良かったなと思える瞬間がそこにあります。

チャレンジする事で経験が広がり、見える世界が広がりました。

それを始めとして、今までNYを始め、オーストラリア、フランスでレッスンを受けました。
海外旅行のオプションの様で、それがメインであったり、既にやみつきです。

是非是非チャレンジしてみてくださいね( ´_ゝ`)b

海外の大人向けバレエクラス体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー
旅行情報