1884年設立 ハンガリー国立バレエ団 Hungarian National Ballet|ハンガリー

1884に設立さたハンガリーのブダペストに本拠を置くハンガリー国立バレエ団(ハンガリー語:Magyar Nemzeti Balett)はクラシックをベースに活動を行うバレエカンパニーです。
白鳥の湖、コッペリア、くるみ割り人形などの古典に加え、オネーギン、ロミオとジュリエット、エチュードといったクラシック、イリキリアンのPetite MortやSix Dancesなどのコンテンポラリー作品も上演しています。

また民族文化を反映した民俗作品をレパートリーを持つカンパニーとしても知られています。
設立当初はイタリアの影響をうけ1950年以降はロシアのバレエの影響が強くワガノワメソッドを採用しています。

18世紀に貴族の城のプライベート劇場で開催されたのが始まりです。

ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団とともに1875年に設立されたハンガリー州立歌劇場(Hungarian State Opera House)が本拠地です。

“1884年設立 ハンガリー国立バレエ団 Hungarian National Ballet|ハンガリー” の続きを読む