オニール八菜(はな)|パリ・オペラ座バレエ団

オニール 八菜(Hannah O’Neill)さん

〔出身〕東京都世田谷区出身
〔生年月日〕1993年1月8日
〔出身スクール〕岸辺光代バレエスクール
〔留学先〕オーストラリアバレエ学校

[P R]

略歴

1996年:3歳から東京バレエ団出身の岸辺光代バレエを始める
2001年:8歳で父親であるクリス・オニールの故郷のニュージーランドに家族で移住。マウント・エデン・バレエ・アカデミーに入学。
2007年:ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)でオーストラリアバレエ学校のスカラシップを獲得
2008年:オーストラリアバレエ学校に入学
2009年:16歳でローザンヌ国際バレエコンクールで1位

2010年:ユース・アメリカ・グランプリ シニア女子の部1位に入賞
2011年:オーストラリアバレエ学校を首席で卒業
2011年:パリ・オペラ座バレエ団の入団オーディションは4位。パリ・オペラ座バレエ団とシーズン契約を結び、2年間カドリーユとして在籍
2013年:20歳でパリ・オペラ座バレエ団とシーズン契約を結び、同年に正式団員
2014年:コリフェに昇格
2014年:ヴァルナ国際バレエコンクールで銀賞

2015年:スジェに昇格。白鳥の湖で主役。
2016年:マリインスキー・バレエ団で『ラ・バヤデール』のガムザッティを踊る

2016年:ラコット版『パキータ』の演技を評価されバレエ界のアカデミー賞といわれるブノワ賞を受賞
2016年:1月にプルミエール・ダンス―ズに昇格

オニール八菜さんの公式サイト

日本人女性ダンサー