2014年のバレエニュース|ブノワ賞、ジャクソン国際バレエコンクール、ローザンヌ結果、他 | 海外でバレエ体験

2014年のバレエニュース|ブノワ賞、ジャクソン国際バレエコンクール、ローザンヌ結果、他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・スウェーデン王立バレエ団の第1ソリストの木田真理子さんがブノワ賞を受賞
・アメリカ:ジャクソン国際バレエコンクール 日本人女性が金と銀
・2014年ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人が1位、2位の快挙

スポンサー

2014年のロシア

日本人の木田真理子さんがバレエ界のアカデミー賞「ブノワ賞」を受賞

ブノワ賞はロシアのバレエ関係者で作る団体が主催するもので、毎年その前の年に最も活躍したダンサーや振り付け師らを選ぶ世界的に権威のあるバレエ賞です。この賞は去年1年間に最も活躍したダンサー・振り付け師などを顕彰するもので、バレエ界のアカデミー賞とよばれています。日本人として初めて受賞であり、昨年の「ジュリエットとロメオ」で演じたジュリエットが評価されての受賞。

過去の受賞者は、ウィリアム・フォーサイス、ミハイル・バリシニコフ、モーリス・ベジャール、シルヴィ・ギエム、オーレリー・デュポン、ジョン・ノイマイヤー、ローラン・プティなど。
日本人では、藤野暢央(2005年)、秋山珠子(2006年)がノミネートされていた。

<プロフィール>
大阪府出身、4歳からバレエを始める
宗田バレエスクールに所属
2000年のローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞受賞
サンフランシスコバレエスクールに入学
カナダのアルバータバレエ団他で経験を積み、2012年からスウェーデン王立バレエ団で第1ソリストとして活躍­

木田真理子さん バレエ・ブノア賞 受賞のロミオとジュリエット

2014年のアメリカ

アメリカ:ジャクソン国際バレエコンクール 日本人女性が金と銀

米ミシシッピ州ジャクソンで開かれていた若手バレエダンサーの登竜門「ジャクソン国際バレエコンクール」で27日、最終審査結果が発表され、シニア女性部門で日本の加瀬栞さん(22)が金賞、宮崎たま子さん(25)が銀賞を獲得

<プロフィール>
加瀬栞さん
千葉の松戸にあるバレエ学校にて3歳からバレエを始める。
2006年 アメリカ・ニューヨークで開かれた国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位入賞
ロイヤルバレエ学校」
2009年 イングリッシュ・ナショナル・バレエ団に入団、現在はソリスト

宮崎たま子さん
5歳でバレエを始める。金田・こうのバレエアカデミーに所属。
アメリカのコロンビア「クラシカルバレエ団」を経て現在は「ワシントンバレエ団」に所属

2014年のスイス

ローザンヌ国際バレエコンクール 2014 今年も複数名が予選を通過

出場までの審査は4段階で、1段階が医療関連書類の審査、2段階がビデオ選考、3段階がボーリュ劇場での選考、4段階が決選1。入賞者は世界の名門バレエ学校に1年間の入校が認められるほか、留学中の生活費支援として1万6千スイスフラン(約180万円)がそれぞれ贈られる。

2014年(第42回)の出場者(ビデオ審査通過者、および2箇所の予選を通過した者)は日本人は女子16名、男子5名、
全世界から選ばれた、全出場者71名のうち日本人21名がセカンドステージへと進みました。
スイスの1月26日から2月1日までの日程で開催されます。

公式サイト
http://www.prixdelausanne.org/v4/

★女子:16名
◆阿部夏香/アクリ・堀本バレエアカデミー(埼玉)
◆新井 花奈/アクリ・堀本バレエアカデミー(埼玉)
◆池田絢音/一柳多鶴バレエ学園(大阪)
◆石原朱莉/山本禮子バレエ(群馬)
◆川添智香/デパルク バレエスクール(東京)
◆熊谷佐保/パシフィックノースウェスト・バレエ(アメリカ)
◆前田紗江/マユミ・キノウチ バレエスタジオ(神奈川)
◆荻野 あゆ子/法村友井バレエ学校(大阪)
◆大谷 遥陽/佐々木三夏バレエアカデミー(神奈川)
◆高橋怜衣/エプリバレエスタジオ(埼玉)
◆立川 透子/福谷葉子バレエスタジオ(京都)
◆寺沢里紗/ゴーバレエアカデミー(カナダ)
◆鳥居舞羽/法村友井バレエ学校(大阪)
◆脇田紗也加 /豊田バレエ学校(愛知)
◆渡邊綾/山本禮子バレエ(群馬)
◆山田夏生/白鳥バレエ学園(長野)

★男子:4名=
◆加藤三希央/モナコ・プリンセスグレースバレエ学校(モナコ)
◆みずしまゆや/国際バレエ学校(広島)
◆森春陽/プティバレエスタジオ(岡山)
◆二山治雄/白鳥バレエ学園(長野)
◆大塚卓/kバレエスクール(東京)

ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人が1位、2位の快挙

日本人男性としては、1989年に金賞を受賞した熊川哲也さん以来の快挙。

二山治雄優勝 第42回ローザンヌ国際バレエ・コンクール2014ファイナル [DVD]

1位、長野県松本市高校2年、二山(にやま)治雄さん(17)、白鳥バレエ学園
 6歳でバレエを始め、小学5年生の頃から本格的に開始。
2011 NBA全国バレエコンクール中学生男性の部第3位
埼玉全国舞踊コンクールJr部第2位
アメリカ、サンフランシスコのバレエ学校に進むことを希望。

2位、横浜市の高校1年、前田紗江さん(15)、マユミ キノウチ バレエスタジオ

6位、現在モナコ在住の加藤三希央さん(18)、竹内ひとみバレエスクール
バレエを幼稚園のころから始め、中学卒業後、故・グレース・ケリー王妃の名前を冠した、モナコ国立グレースバレエアカデミーにバレエ留学。
父親はあずさ2号で有名な狩人で、母親はもとそのバックダンサーで今はバレエ講師。
 
★その他の日本人の決選進出者
山本禮子バレエ団付属研究所の渡邊綾さん(16)
プティ・バレエ・スタジオの森春陽(しゅんよう)さん(15)
パシフィック・ノースウエスト・バレエの熊谷早畝(さほ)さん(18)

ローザンヌは海外の一流バレエ学校のスカラーシップを頂けるコンクールですが、
例えば全寮制のロイヤルバレエスクールの場合は、
ローワ―スクール £32,151/年、アッパースクール £28,080/年
1ポンド170円で日本円換算すると、
ローワ―スクール 5,465,670円/年、アッパースクール 4,773,600/年

例えば私立大医歯系の入学から卒業までの学費分がロイヤルバレエスクールの1年分です。
スカラーシップがいかに素晴らしいか、そしてバレエはいかにお金がかかるかよくわかりますね。

2014年のプロモーションビデオ

Amazonでローザンヌ国際バレエ・コンクールを探す

バレエニュース、トピックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー
旅行情報