ベルギー王立 ロイヤル・フランダース・バレエ団(Royal Ballet Flanders)|1969年設立|ベルギー

ベルギー、1969年にベルギーの文科省によって設立されたバレエ団。

ベルギーのアントワープを拠点として活動しており、ベルギー唯一のクラシック・バレエカンパニーとして高い評価を得て、バレエ団は古典からネオクラシカル、コンテンポラリーまで幅広い作品を上演します。

マリシア・ハイデ振り付けの眠りの森の美女、 ジョン・クランコのオネーギン、ウィリアム・フォーサイスのIn The Middle Of Somewhat ElevatedやArtifact、 ジョージバランシンのTheme and The VariationsやDivertimente等幅広い作品を上演するバレエ団です。

“ベルギー王立 ロイヤル・フランダース・バレエ団(Royal Ballet Flanders)|1969年設立|ベルギー” の続きを読む