1922年設立|フィンランド国立バレエ団 Finnish National Ballet|フィンランド

フィンランド、首都ヘルシンキに1922年に設立されたバレエ団「フィンランド国立バレエ団 Finnish National Ballet」。
フィンランド国内で唯一古典バレエを公演するバレエ団です。

公演活動は1933年に完成した現在のオペラハウス以前は、小さなアレクサンダー劇場で公演を行われていました。
フィンランド国立オペラバレエ団は、一般的に毎年4つの新しいオペラと3つの新しいバレエを上演しています。
バレエは年間では110公演を行っており、オペラなどもあわせるとフィンランド国立歌劇場へは年25万人もの多く訪問者が訪れています。

2017年には日本へ初来日しBunkamuraオーチャードホールで北欧バレエ・ガラとムーミンを題材とした新作バレエ(振付はグレーヴ)の公演を行いました。

“1922年設立|フィンランド国立バレエ団 Finnish National Ballet|フィンランド” の続きを読む