キエフ・バレエ(タラス・シェフチェンコ記念 ウクライナ国立バレエ)|ウクライナ > キエフ

ウクライナ、1991年ソ連崩壊に伴い独立したウクライナの首都、1500年の歴史をもつ古都「キエフ」あるロシア古典バレエの流れを受け継ぐ名門バレエ団「キエフ・バレエ( Taras Shevchenko National Opera and Ballet Theatre of Ukraine)」
キエフ首都圏の人口は約400万人。

150年の歴史を誇る伝統が息づく名門キエフ大劇場(=ウクライナ国立歌劇場)は、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場、世界を圧巻してきた旧ソ連邦バレエの至宝1つとうたわれています。
タラス・シェフチェンコは、ウクライナ出身の国民的詩人でその名を戴いた劇場です。
バレエ団の本拠は、ウクライナ国立アカデミー・オペラ・バレエ劇場、オペラとバレエ団を擁し、海外からの招待公演も行われています。

古典の名作から、現代作品、ウクライナならではの作品まで幅広いレパートリーを持ち、バレエ界をリードする多くのスター・ダンサーを輩出。
日本へは1972年より来日公演を行い成功を収めています。

2000年の始め頃のキエフ・バレエ団は閉鎖的なところがあり、演目の衣装や演出などの新しい工夫が極端に少なく、それが一因となってアレクセイ・ラトマンスキーやイリーナ・ドヴォロヴェンコ、アリーナ・コジョカル、デニス・マトヴィエンコなどの人気ダンサーが他のバレエ団に移籍。

“キエフ・バレエ(タラス・シェフチェンコ記念 ウクライナ国立バレエ)|ウクライナ > キエフ” の続きを読む