1976年設立|クラスノヤルスク州立オペラ・バレエ劇場|ロシア>クラスノヤルスク

ロシア連邦シベリア中部にある人口約100万の都市「クラノヤルスク」にあるクラスノヤルスク州立オペラ・バレエ劇場(英:Krasnoyarsk State Opera and Ballet Theatre、露:Красноярский государственный театр оперы и балета)。
クラノヤルスクは、シベリアではノヴォシビルスク、オムスクに次ぎ3番目に大きな都市になります。
バレエ団のレパートリー 白鳥の湖、眠れる森の美女、くるみ割り人形、ジゼル、シルフィード、ロミオとジュリエッ トなどの古典作品が中心です。
“1976年設立|クラスノヤルスク州立オペラ・バレエ劇場|ロシア>クラスノヤルスク” の続きを読む

1961年設立|オランダ国立バレエ団 DUTCH(NET) NATIONAL BALLET|オランダ > アムステルダム

オランダのアムステルダム(Dutch National Opera & Ballet)を拠点とする、オランダ国立バレエ団。

1961年に「アムステルダムバレエ団」と「ネザーランドバレエ団」が合併して結成されたバレエ団です。

2013年8月にオランダ国立バレエ団には18歳から21歳を対象としたジュニアカンパニーをスタート。

ジュニアカンパニーも含めるとダンサーは約80名、世界中から集まったダンサーが在籍しています。

オランダ国立バレエ団に付属する教育機関として、アムステルダムに拠点を置くオランダ国立バレエアカデミーもあり、世界のトップバレエ団で即戦力となるスキルと素養を身につける為の専門教育を提供しています。

“1961年設立|オランダ国立バレエ団 DUTCH(NET) NATIONAL BALLET|オランダ > アムステルダム” の続きを読む

1979年設立|中国国立 上海バレエ団 Shanghai Ballet 上海芭蕾舞団|中国 上海

1979年、中国の創作バレエ『白毛女』を上演するためのグループが中心となって、中国の上海に設立されたバレエ団。
「白鳥の湖」、「ジゼル」、「ロミオとジュリエット」、「くるみ割り人形」「コッペリア」などのクラシックバレエのほか、中国人振付家によるオリジナル作品を上演し、公演は年80回程度行われております。

創業以来、多くの若いダンサーが、様々な国際舞踊コンクールで合計39個のメダルを獲得しています。
カンパニーは、中国国内以外にも、米国、カナダ、フランス、スペイン、オランダ、ノルウェー、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、インドネシア、シンガポール、タイ、フィンランド、香港、マカオを含む多くの国や地域へ訪問し公演活動を行っています。

中国では、ダンスはクラシック・バレエ と歌舞団の踊りとに大別されており、上海バレエ団のスタジオや本部は、バレエ学校および歌舞団などと同じ場所に置かれています。
日本の松山バレエ団とも積極的な交流活動を行っています。

“1979年設立|中国国立 上海バレエ団 Shanghai Ballet 上海芭蕾舞団|中国 上海” の続きを読む

1884年設立 ハンガリー国立バレエ団 Hungarian National Ballet|ハンガリー

1884に設立さたハンガリーのブダペストに本拠を置くハンガリー国立バレエ団(ハンガリー語:Magyar Nemzeti Balett)はクラシックをベースに活動を行うバレエカンパニーです。
白鳥の湖、コッペリア、くるみ割り人形などの古典に加え、オネーギン、ロミオとジュリエット、エチュードといったクラシック、イリキリアンのPetite MortやSix Dancesなどのコンテンポラリー作品も上演しています。

また民族文化を反映した民俗作品をレパートリーを持つカンパニーとしても知られています。
設立当初はイタリアの影響をうけ1950年以降はロシアのバレエの影響が強くワガノワメソッドを採用しています。

18世紀に貴族の城のプライベート劇場で開催されたのが始まりです。

ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団とともに1875年に設立されたハンガリー州立歌劇場(Hungarian State Opera House)が本拠地です。

“1884年設立 ハンガリー国立バレエ団 Hungarian National Ballet|ハンガリー” の続きを読む

1931年設立|サマーラ歌劇場バレエ団 Samara Academic Opera and Ballet Theatre|ロシア > サマーラ

ロシア、第6の都市サマーラ(ロシア語:Самара)[地図]にある歌劇場付属バレエ団(英語:Samara Academic Opera and Ballet Theatre)です。

サマーラは人口約100万人、ヴォルガ川東岸にあるロシア連邦の都市で、地方の交通の中心地の一つであり中央アジア諸国やヨーロッパ(プラハ、フランクフルト・アム・マイン)等への便が就航している。またロシアの国民車「ラダ」の一大生産地でもあります。

バレエ団は、主にくるみ割り人形、ドンキホーテ、眠れる森の美女、ロミオとジュリエットなどクラッシック演目の公演を行っています。

露語:Самарский академический театр оперы и балета

“1931年設立|サマーラ歌劇場バレエ団 Samara Academic Opera and Ballet Theatre|ロシア > サマーラ” の続きを読む

1941年設立|スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場バレエ団|ロシア > モスクワ

ロシア、モスクワに1941年にコンスタンチン・スタニフラフスキーとウラジミール・ネミロヴィッチ・ダンチェンコの2つのカンパニーが前進でそれがあわさり作られた劇場付属のバレエ団(英:Stanislavski and Nemirovich-Danchenko Moscow Academic Music Theatre)です。

創設時のバレエ・マスターは V.ブールマイスターで,彼の作品をレパートリーに、踊りだけではなく演劇的要素を取り入れて、演技表現により力を注いできました。
このバレエ団はボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともにロシア国内にとどまらず世界屈指のバレエ団の一つとなっており、モスクワでボリショイ劇場の次にバレリーナや歌手などのレベルが高いとされている、モスクワアカデミー音楽劇場です。
ボリショイに比べるとチケット代も安く市民に人気の劇場です。

劇場は2005に2回目の火災がありましたが、その後も存続し続けています。
オペラとバレエを上演し、バレエはロシアの伝統的な作品の他、ジョンノイマイヤーの人魚姫などの公演も行います。

劇場はボリショイ・ドミトロフカ通りにあり、地下鉄プーシキンスカヤとチアトラーリナヤの間にあるボリショイ・ドミトロフカ通りに面しており、それはモスクワ中心部にあります。魅力溢れる歴史ある舞台の客席は1500、毎晩満員になるような人気があります。
ボリショイ劇場よりはチケットのとりやすい劇場です。

また、海外への公演活動も積極的に行っており、。日本、フランス、ハンガリー、ポルトガル、ユーゴスラビア、ラテンアメリカ、ギリシャ、イタリア、フィンランドなど。1972年以来、日本へも数回来日公演を行っており、レパートリーにはタカクラ・テル原作で喜多郎の音楽による『ツルの巣ごもり』などの新作を加えています。

露語:Московский академический Музыкальный театр имени народных артистов К. С. Станиславского и Вл. И. Немировича-Данченко)

“1941年設立|スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場バレエ団|ロシア > モスクワ” の続きを読む

1834年設立|スイス・バーゼル・市立劇場バレエ団 Ballett Basel|スイス > バーゼル

スイス、北西部、ドイツとフランスとスイスの3国の国境が接する地点バーゼルにある、オペラとバレエの公演を行う市立劇場「シアターバーゼル(Theater Basel)」がスイス・バーゼル市立劇場バレエ団の本拠地です。
バーゼルは、チューリッヒ、ジュネーヴに次ぎスイス第3の都市になります。

バーゼル劇場は独自のオーケストラを持たず、その都度交響楽団や管弦楽団と組み合わさり公演を行っています。

“1834年設立|スイス・バーゼル・市立劇場バレエ団 Ballett Basel|スイス > バーゼル” の続きを読む

1990年設立|ロシア国立・クレムリン・バレエ団 State Kremlin Palace|ロシア > モスクワ

ロシア、モスクワ、本拠地は国立クレムリン宮殿(Gosudarstvennyy Kremlevskiy Dvorets/Государственный Кремлевский дворец)。

19世紀造営の「クレムリン大宮殿(大クレムリン宮殿)」は、その規模と豪華さで知られ内部は世界中から集められたり特別に制作された家具・装飾品によって埋め尽くされています。クレムリン周囲には、20の尖塔が立っています。
客席数6,000人が収容出来るクレムリン宮殿では、バレエの他にもコンサートやファッションショーにオペラからの文化的なプレゼンテーションなどを行っています。

クレムリンバレエ劇場は1990年、Andrei Petrovによって「クレムリン大会宮殿バレエ劇場」として設立され1992年に「クレムリン・バレエ団」に改称しました。
設立時は、ソ連バレエ界の偉人であったエカテリーナ・マクシーモワとウラジミール・ワシーリエフが積極的に参加していました。

ドンキホーテ、くるみ割り人形、白鳥の湖、コッペリア、ジゼル、眠れる森の美女などの古典バレエの他に、ロシアの物語やフランスの歴史などをもとにした創作バレエなどの上演を行っています。

“1990年設立|ロシア国立・クレムリン・バレエ団 State Kremlin Palace|ロシア > モスクワ” の続きを読む

1989年設立|セルゲィ・ラドチェンコ・ロシア・ナショナル・バレエ団 Russian National Ballet Theatre|ロシア > モスクワ

ロシア、モスクワに1989年に「Moscow Festival Ballet」として、ボリショイ・バレエ団の著名ダンサー「セルゲイ・ラドチェンコ Sergei Radchenko」により、ロシア連邦文化省の支援を受けて設立されました。

この劇場はセルゲイ・ラドチェンコと妻のエレナ・ラドチェンコ(キーロフ劇場及びボリショイ劇場で活躍)に率いられて公演活動を行っています。

主にクラッシックを公演するバレエ団で、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」「ジゼル」「カルメン組曲」「ラバヤデール」「くるみ割り人形」「シンデレラ」「コッペリア」「レシルフィード」「ロミオとジュリエット」など幅広いクラシックの公演が行われています。

バレエ団は小さなグループに分かれて地方の小さな都市でもバレエを見られるようにと公演活動を行ってもいます。
また、ロシア国内だけではなく海外公演も積極的に行っており高い評価を受けているバレエ団です。

“1989年設立|セルゲィ・ラドチェンコ・ロシア・ナショナル・バレエ団 Russian National Ballet Theatre|ロシア > モスクワ” の続きを読む