2006年設立|ロサンゼルス・バレエ団 Los Angeles Ballet|アメリカ > ロサンゼルス

アメリカ、カリフォルニア州のロサンゼルスにある「ロサンゼルス・バレエ団  Los Angeles Ballet」。
元デンマーク王立バレエ団プリンシパルであり芸術監督であったThordal Christensenと妻のColleen Nearyによって設立され、2006年12月オリジナルのくるみ割り人形を公演してスタートしました。
ジゼル、白鳥の湖、ドンキホーテ、ロミオとジュリエットなどの古典バレエから、コンテンポラリーまで公演します。

1974年、ロサンゼルス・バレエ団は、ニューヨーク・シティ・バレエ団のプリンシパルであるジョン・クリフォードのもとに設立されました。11年後、1985年に財政難により閉鎖しました。現在の組織はそれとは異なる完全に独立した組織です。

公演は主にツアー式で行われており、カリフォルニア州南部のグレンデールにあるRoyce Hall UCLAとAlex Theatre、そして、のロサンゼルス市のハリウッドにある Redondo Beach Performing Arts Centerとthe Dolby Theatreで行われます。

“2006年設立|ロサンゼルス・バレエ団 Los Angeles Ballet|アメリカ > ロサンゼルス” の続きを読む

1956年設立|タルサ・バレエ団 Tulsa Ballet|アメリカ > タルサ

アメリカ、オクラホマ州東部の都市タルサにある「タルサ・バレエ団 Tulsa Ballet」。
ミュージシャンのRosalie Talbotと妻のRoman Jasinski、Moscelyne Larkinの3人によって設立されました。
季節ごとにクラッシックやコンテンポラリーの作品を公演しています。
団員数は約30名のバレエ団です。

カンパニーは芸術監督のもと野心的に公演演目を増やしており、過去10年程度の間に60以上のレパートリーを増やしました。

“1956年設立|タルサ・バレエ団 Tulsa Ballet|アメリカ > タルサ” の続きを読む

アトランタ・バレエ・センター Atlanta Ballet Centre for Dance Education|アメリカ > アトランタ

アメリカ、ジョージア州北西部に位置する州最大の都市、1996年の夏季オリンピック開催地としても有名となったアトランタにある、バレエ団付属のバレエスタジオ(Atlanta Ballet Centre for Dance Education)です。
アトランタ・バレエ団の元芸術監督のジョン Mc Fall によって1996年に設立されました。

“アトランタ・バレエ・センター Atlanta Ballet Centre for Dance Education|アメリカ > アトランタ” の続きを読む

1956年設立|ジョフリー・バレエ団 Joffrey ballet|アメリカ シカゴ

アメリカ、イリノイ州最大の都市でありアメリカで3番目に人口の多いシカゴに本拠地をおく、ロバート・ジョフリーによって創設されたバレエ団が、「ジョフリー・バレエ団 Joffrey ballet」です。

ロミオ & ジュリエットや、エンターテイメント性が高く大人も子供も楽しめるくるみ割り人形などの古典的なバレエから、現代舞踊の作品を公演しています。
主な振付は、ポールテイラー、トワイラサープ、ジョージバランシン、創始者ジェラルドアルピーノとロバート·ジョフリーなどになります。

“1956年設立|ジョフリー・バレエ団 Joffrey ballet|アメリカ シカゴ” の続きを読む

ボストン・バレエスクール Boston Ballet School|アメリカ > ボストン

アメリカ、ボストンにあるボストンバレエ団付属のバレエスクールです。
レッスンは、バーを握ったこともない初心者から上級者までレベル分けがされていて、気軽に体験することができます。
講師はボストンバレエの先生が務められ、プロのピアニストが奏でてくれるピアノの生演奏とともに、1時間半のレッスンです。
“ボストン・バレエスクール Boston Ballet School|アメリカ > ボストン” の続きを読む

2001年12月 アメリカ、ニューヨーク 初バレエ体験の経緯 by mari

私の短期バレエ留学(←かっこよく言うと)はある日突然訪れました。
「NYに行ってレッスン受てみない!? 」
「一緒に行く予定だった友達がいけなくなってホテルとかキャンセルするのももったいないし 」
と、スポーツクラブのジャズクラスで一緒の友達(先輩)が誘ってくれたのです。
“2001年12月 アメリカ、ニューヨーク 初バレエ体験の経緯 by mari” の続きを読む