ジャクソン国際バレエコンクール Jackson International Ballet Competition|アメリカ | 海外でバレエ体験

ジャクソン国際バレエコンクール Jackson International Ballet Competition|アメリカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのジャクソンで、1978年に設立されたコンクール。
Thalia Mara によって始めたらたアメリカのミシシッピ州ジャクソンで4年に1度開催される国際コンクールでアメリカ・インターナショナル・バレエ競技会が主催。
バレエにおいて様々な種類の競技が行われ、男性と女性で金、銀、銅が授与されるオリンピックスタイルのようなコンクールです。
プロの参加も認められており、観客の多くはスカウトを視野に入れたバレエ団のディレクターで、大会を契機に各国のバレエ団と契約するダンサーも多いのも特徴のひとつです。

スポンサー

応募者はまず履歴書やビデオの提出を行い、そこからジュニア(15~18才)、シニア(19~26才)で約100名ほどに絞られます。
金、銀、銅の他にベストカップル賞や Robert Joffery賞などもあります。

競技は3段階で行われます。
第1段階はクラッシックヴァリエーションで、そこから半分に絞られ、第2段階はコンテンポラリーでの競技です。
3番目のファイナルはクラッシックとコンテンポラリーの両方が行われ、そのスコアが結果となります。
審査は、芸術性、音楽性、技術性を基に行われます。

ジャクソン国際バレエコンクール Jackson International Ballet Competition

日本人受賞者

<シニア部門>
2014年:加瀬 栞(22)(金賞)、宮崎 たま子(25)(銀賞)→ 2014年6月ニュース
2010年:奥村 康祐(銀賞)
2006年:倉永 美沙(19)(金賞)、米沢 唯(19)(銅賞)
1994年:佐々木 大(22)(金賞)、宮内 真理子(23)(銅賞)
1991年:岩田 守弘(21)(銅賞)
1979年:安達 悦子(20)(銅賞)

シニア部門の対象年齢:19~26歳

公式動画

USA International Ballet Competition

バレエコンクールのDVDや書籍を探す

Amazonバレエ コンクール特集
楽天バレエ コンクール特集

バレエコンクールに関係するニュース
バレエのコンクールに関連するつぶやき


国際バレエコンクール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー
アメリカ旅行情報